「仕事がデキる人」になりたいあなたを応援する情報まとめサイト

>

仕事のデキる人になるために

「仕事がデキる」とはどんな状態?

「仕事がデキる人」とは、どんな人のことを言うのでしょうか。

まず、仕事が早いというのは外せない条件でしょう。
単に作業スピードが速いというだけでなく、丁寧であることも重要です。
手早く正確に作業をこなせる人の元には、ドンドン仕事が入ってきます。

また、気配りがよくでき、しっかりした印象を受けるというのも特徴です。
身だしなみに気を使っており、清潔感のある人は、誰から見ても好印象でしょう。
さらに、挨拶をする・時間を守るといった基本を、一つひとつ忘れずに行うことで、信頼を得ることができます。

仕事には得意不向きがあり、今すぐスピードを上げることは難しいかもしれません。
しかし、身だしなみや挨拶などの常識的なマナーを、改めて意識してみることは出来るはずです。

デキる人の行動

仕事のデキる人の特徴は、行動に表れます。

まず一つは、リアクションが早いことです。
メールなどの連絡にはすぐに返信をし、聞かれたことには即座に答えることができます。
返答に時間がかかると相手を待たせることになるので、早いに越したことはありません。
自分の意見や情報は、すばやくはっきりと伝えましょう。

二つ目は、余裕のある態度でいることです。
スケジュールに余裕があることは勿論、精神的に余裕があるか否かも、態度にはっきりと表れます。
心に余裕があれば、他人に対して気を遣うことが出来ます。
また、他人からの意見に耳を傾ける素直さも、仕事を行うにあたって大切なことです。
忙しさのあまりイライラした態度を取ったり、焦りを全面に出してしまわないよう気を付けましょう。


この記事をシェアする